Wekfest

June 16, 2017

ホンダ・インテグラ タイプR

ポートメッセナゴヤで開催された

Wekfest Japan 2017の会場で

見つけたスタンス車両を紹介します

ホンダ・インテグラ タイプR(DC2)

かなり特徴的でこのインテRのことは

とても印象に残ってます

去年開催されたUSDM Geek zero Car Meetingの

会場で見つけた時からいつか紹介しようと

思ってたんですよ

一切のムダが排除されてスッキリした

印象のエンジンルームに驚かされました

ヘッドライトの配線や

ラジエターまでバンパー内に隠すという拘りぶり

B18Cエンジン

エキマニ

4連スロットル

エンジンも美しい



ダッシュボードやコーンソールなどが

アルカンターラで張り替えられてて

高級感も漂う美しい内装ですよね

フロントタイヤ

アウトリップ



リアビュー

シャコタン

会場内でも目立ってましたよ

どちらの会場でも

独特の存在感を放ってましたよ

カッコいいシャコタンインテRでした

後で編集しときます


missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 07, 2017

VW・ゴルフ

Wekfest Japan 2017の会場で見つけた

スタンス車両を紹介します

フォルクスワーゲン・ゴルフ

オーバーフェンダーと鬼キャンホイールで

ワイドな印象があって迫力満点でした


i force FD-11SMホイール

純国産3ピース鍛造ホイールだそうで

会場内で結構見かけたので

これから流行るんでしょうね


シャコタン

リアビュー

ツライチ

後ろ姿もカッコいいですよね

もうすぐ納車されるうちのゴルフ

これくらいの素晴らしい仕上がりを

目指したいものです


とてもカッコいいシャコタンゴルフでした

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ



missilemachine at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 20, 2017

メルセデスベンツ

ちょっと更新サボってました

Wekfest Japan 2017の会場で見つけた

旧車スタンス車両を紹介します

1978年式メルセデスベンツ(W116)

この年代のベンツは造りがしっかりしてて

頑丈そうなイメージがあります

キレイにレストアされてました


北米仕様のヘッドライトを装着してて

日本人には馴染みのない顔付きが

新鮮な印象でいいですよね


i force FD-11SMホイール

純国産の3ピース鍛造ホイールだそうで

バラマンディとかにも共通して言えますけど

日本製ホイールは独特の質感がありますよね


ツラウチ

リアビュー

リアタイヤも結構深リムで迫力があります

テールライトも北米仕様だそうで

車高の低さも相まって

独特の存在感がありました


とてもカッコいいシャコタンベンツでした

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 10, 2017

レクサス・SC430

Wekfest Japan 2017の会場で見つけた

スタンス車両を紹介します

レクサス・SC430

会場入り口に並んでたので最初に撮影しました

ホイールのインパクトが凄いですよ

AVANT GARDE(アヴァンギャルド)F452?

アウトリップ

この低さはエアサス無しでは不可能ですよね

air runnerのステッカーが貼ってありましたよ


車内

リアビュー

リアタイヤもフロントに負けじと圧巻の深リムです

シャコタン

この低さは迫力満点で目立ちますよ

ツヤ消しの紫?がとても印象的で

とても印象に残るシャコタンレクサスでした

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ




missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 06, 2017

ホンダ・シビック

先日開催されたWekfest Japan 2017

会場で撮影してきたスタンス車両を紹介しますが

先日も書きましたが、寝坊したため

会場の半分くらいしか回れませんでした

限られた時間で見つけたクルマの中で

個人的No.1を紹介します

ホンダ・シビック

正直このクルマより目立つシャコタンの

EKシビックも結構いましたけど

自分にはこのシビックがドンピシャでした


右側面

ボルクレーシングTE37ホイール

EKシビックにはこれ以外考えられないと

言ってもいいくらい鉄板の組合わせですよね

16インチがキマッてます


ツライチ

エンジンルーム

K20Aにスワップされてました

エンジンルーム内の仕上がりが

とても美しくて印象的でした


車内

BRIDE(ブリッド)のセミバケも目を引きますけど

ダッシュボードやドアなどの内張りが

アルカンターラで全て張り替えられてます

セミバケとも合っていて統一感があって

とても高級感溢れる仕上がりでした


K20Aに換装するとシフトレバーの

配置で苦労するみたいですね


リアタイヤ

K20Aスワップもすごいですけど

外装だけでなく内装まで美しく仕上げられていて

こんな仕様にしたいと思わさせてくれました


カッコいいシャコタンシビックでしたよ

このシビックインテRの集団は

どれも美しい仕上がりで目立ってました


このEKシビックもカッコよかったんですけど

残り時間がなくて焦って撮影してたせいで

画像がボヤケちゃってほとんど使えませんでした

エンジンルーム

シビックのエキマニと言えば排気効率を

重視した形状のがほとんどですけど

曲げ方がが特徴的でした


この車高で街乗りをこなすとは根性が違います

鮮やかなボディカラーが目立つシビックでした


他にも気になるEKシビックがいたので近々紹介します

余談ですが、ブログで何度も書いてますけど

シビック タイプR(EK9)を購入しようか

迷ってるところなんですよ

上のシビックに触発されたというわけでもないですが

もし買ったら絶対に16インチTE37

履かせたいと心に決めてた
んですけど

残念なことにタイプR(EK9)

PCD114.3−5穴のTE37は設定がありません


さらに星の数ほど売れたであろう

15インチの114.3−5穴ですら

もう廃盤になってしまってるようです


今日日こんなサイズを採用してるクルマは

いないんでしょうかね

↑昔乗ってたシビックです(^^;)

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ




missilemachine at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。