旧車

May 21, 2017

アメ車

YouYubeで見つけたアメ車動画です

OCMD Cruisin' 2016 (4K) - Accelerations // Burnouts // Sounds

何のイベントだかよくわかりませんけど

街中をマッスルカーや旧車が

埋め尽くすのを眺めるのは楽しいでしょうね


このイベントの動画は以前にも紹介してました

前回書いたイベントの動画はコチラ


missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 20, 2017

メルセデスベンツ

ちょっと更新サボってました

Wekfest Japan 2017の会場で見つけた

旧車スタンス車両を紹介します

1978年式メルセデスベンツ(W116)

この年代のベンツは造りがしっかりしてて

頑丈そうなイメージがあります

キレイにレストアされてました


北米仕様のヘッドライトを装着してて

日本人には馴染みのない顔付きが

新鮮な印象でいいですよね


i force FD-11SMホイール

純国産の3ピース鍛造ホイールだそうで

バラマンディとかにも共通して言えますけど

日本製ホイールは独特の質感がありますよね


ツラウチ

リアビュー

リアタイヤも結構深リムで迫力があります

テールライトも北米仕様だそうで

車高の低さも相まって

独特の存在感がありました


とてもカッコいいシャコタンベンツでした

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 02, 2017

トヨタ

Wekfest Japan 2016の会場で見つけた

スタンス車両を紹介します

トヨタ・スープラ(JZX70)

70スープラもなかなか色褪せない

独特のカッコよさがありますよね


ワーク VS−XXホイール

ツライチ

ボディが大柄なだけに存在感があって

街中で見たらかなり目立つでしょうね


アウトリップ

前後ともかなりの深リムホイールなのがいいですね

古臭さを全く感じさせないシャコタンスープラでした

トヨタ・スプリンター トレノ(AE86)

このハチロクはとてもキレイに仕上げられてました

右側面

ロンシャンXR−4ホイール

ツライチ

AE86も深リムホイール履けるから

インパクトがあって羨ましいですよね


エンジンルーム内はドンガラ状態から塗装されて

補機類やハーネスがほとんどありません

これでホントに走るのか?と思っちゃいます


4A−Gエンジン

5バルブの黒ヘッドとケイヒンFCRキャブレター

組み合わせが印象的ですけど


このエキマニの形状はもはや芸術です

タコ足とはよく言ったものですよね


ここまでキレイにレストアされた

ハチロクを見るのも久しぶりです


細部まで拘って仕上げられた

美しいシャコタンハチロクでした

旧車扱いしてもいい年代のクルマなのに

古さを感じさせない2台でした


前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 29, 2017

働くクルマ

先日静岡県エコパスタジアムで開催された

ナカヨシ ホットオールズミーティング2017

会場で見つけた旧車を紹介します

ホンダ・T360

ホンダ初の四輪自動車であり

かつ国産初のDOHCエンジン搭載車という

1960年代としては考えられない高スペックです

愛嬌のある顔付きがいいですよね

この複雑なマフラーが見えますか?

これ車外品じゃなくて純正でこの形状なんですよ

元々二輪事業で名を馳せていたホンダ

自動車事業に進出
することを決めて

2シーターのオープンカーで華々しくデビューを

飾ろうとS360を開発
してたそうですけど

通産省からの通達により自動車事業参入のために

ホンダは早急に市販車の販売実績が必要になり

S360は開発が間に合わないと判断して

このT360を開発、販売したという

少々複雑な経緯があったそうです


というわけで軽自動車が20馬力程度だった時代

スポーツカーに搭載することを想定して開発した

30馬力/8,500rpmのツインカムエンジンという

軽トラックとしては考えられないほどの

高回転、高出力型エンジンを搭載
してる

モンスターが誕生したそうです

現代で例えたらS660のエンジンを搭載した

アクティって感じでしょうかね


1963 HONDA T360

ホンダ T360 現役の旧車レーサー

ケーヒンのキャブレター4連装が奏でる

エンジン音はとても軽トラックとは思えませんね


キレイにレストアされてましたよ

ホンダ・TN-

T360から2代後のモデル

キャブ調整がフェラーリよりも厄介

言われてるのを聞いたT360から比べると

かなり実用的で常識的なスペック
ですけど

愛嬌のある顔付きは相変わらずですね

ホンダ・TNアクティ

ホンダ・アクティ

会場内でホンダの軽トラックの歴史を

垣間見ることができました


日産プリンス・ホーマー

ダットサン・キャブスター1500

日産・バネット

車体が傾いたこの車を遠巻きから見つけた時は

重量物が片側に偏ってるか

パンクでもしてるのかと思ってましたが

荷台は空で、パンクもしてませんでした


まさかと思って下回りを覗いたら・・・

エアバッグが見えました

なんとこのトラック、エアサスを装着してましたよ


こんな何の変哲もないトラックに

エアサスまで装着しておきながら

他は一切カスタムしてないという点に

かなり強い拘りを感じました


エアサスから始めただけかもしれませんけど

強烈な印象を残すクルマでした

働くクルマで旧車ライフを楽しむとは

よほどの通人か、人と同じことはしたくないという

変わり者のどっちかでしょうね(^^;)

これは褒め言葉です悪しからず

前回書いたNHOMの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 19, 2017

ブルーバード510

先日静岡県エコパスタジアムで開催された

ナカヨシホットオールズミーティング2017

会場で見つけた旧車を紹介します

ダットサン・ブルーバード510

個人的にも大好きなブル510ですけど

このクルマは鮮やかなキャンディレッドが

眩しくてとても目立ってましたよ

レアな2ドアクーペというのもいいですね


エンケイホイール?

ツライチ

カクカクしたデザインが新鮮ですよね

ほんの数年前まで旧車入門の代名詞的な

イメージがあったブル510
ですけど

今ではかなりプレミアが付いてしまってるので

手に入れるなら今がラストチャンスですよ


カッコいいシャコタンブルーバードでした

この510も気になる1台です

Bassett(バセット)ホイール

アメリカで大人気のナスカーで使用されている

スチールホイールですけどメッキ加工されてます


オーナーさんが話を聞かせてくれたんですけど

住まいが鎌倉の海沿い近くだそうで

ダイヤモンドレーシングとかもそうですけど

ただでさえすぐ錆びるアメリカ製の鉄チンホイールの

サビ進行を遅らせる狙いもあって

メッキにしたそうです


海沿いで旧車を維持することは

過酷なサビとの戦いだそうですよ(^^;)


オーナーさんが悩みに悩んだ結果

選んだボディカラーはBMW・M3純正の

ダカールイエロー
だそうですけど

派手さがない落ち着いた雰囲気で

センスの良さを感じさせます


2台ともボディカラーに拘りを感じる

カッコいい旧車でしたよ


前回書いたNHOMの記事はコチラ




missilemachine at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。