ストリートカーナショナルズ

August 11, 2017

ホンダ・インテグラ タイプR

21st Street Car Nationals Suzuka 2017の

会場で見つけたスタンス車両を紹介します

ホンダ・インテグラ タイプR(DC2)

近頃いかにもスポコンって感じの

ホンダ車を拝めなくなってる気がしてたので

かなり新鮮で釘付けになっちゃいました

レイズ グラムライツ57エクストリームホイール

ツラウチ

エンジンルーム

ピカピカに仕上げられてて

映画「ワイルドスピード」見てるみたいですよね

リアビュー

リアタイヤ

鮮やかなボディカラーも相まって

かなり目立つシャコタンインテRでした

前回書いたストリートカーナショナルズ鈴鹿の記事はコチラ




missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)

June 05, 2017

プリムス・ロードランナー

21st Street Car Nationals Suzuka

会場で見つけたマッスルカーを紹介していきます

1970年式プリムス・ロードランナー

一番好きなマッスルカーといってもいいくらい

お気に入りのクルマです


この顔付きがいいですよね

サイドストライプがロードランナーという

遊び心があるのも面白いです


エアグラバー

ロードランナーは純正のラリーホイールを

装着してる場合がほとんどですけど

割と現代風なホイールを履いてるのが印象的でした


カッコいいマッスルカーでした

イベント会場で見るマッスルカー

キッチリ仕上げられてるのがほとんどで

それを見るのが好きなんですけど・・・

1969年式ロードランナー

このクルマはなかなかの衝撃でした

塗装は剥がれてるし、所々凹んで錆びてるので

外観は完全なレストアベース車両だし

そもそも日本国内にこんな状態のロードランナー

あること自体が驚きでしたよ


最近69年式の大人しめのフロントマスクも

カッコいいなって思うようになってきました


運転席

リアビュー

見慣れてくるとイイ感じのヤレ具合ですね

ポ〇コツ臭(失礼)が漂う外観とは裏腹に

キッチリ整備されたエンジンルームを見ると

「あぁ、外観は狙ってやってるんだな」と

オーナーさんの思い入れみたいなのが

伝わってきて嬉しい気分になりましたよ


とにかく衝撃的なマッスルカーでした

記憶に残るロードランナーでしたよ

会場や駐車場には他にも

ロードランナーGTXがいたので

思いのほか近いうちに紹介するかもしれません

前回書いたストリートカーナショナルズ鈴鹿の記事はコチラ


missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 04, 2017

21stストリートカーナショナルズ鈴鹿

今年も鈴鹿サーキットで開催されましたよ

21st Street Car Nationals Suzuka

様々なジャンルのアメ車が

ここまで一堂に会するイベントも

なかなかないですよ


シボレー・C10

会場内にはかなりの台数が展示してあって

こんなピッカピカに仕上げられたのから


あえて外装には手をつけないクルマまで

いろいろ並んでて見てて飽きないです


1965年式シボレー・エルカミーノ

1967年式シボレー・コルベット スティングレイ

フォード・マスタングMach1 428CJ

プリムス・ロードランナー

個人的に大好きというのもあって

今まで様々なロードランナーを見てきましたけど

このクルマは衝撃的でした


近いうちに紹介します

ビュイック・ルセーバー

キャデラック

ホンダ・インテグラ タイプR(DC2)

Weiand製スーパーチャージャーを

装着した過激なホットロッドや


ラットロッド的な仕上がりのクルマまで

いろいろ見られてハッピーです


日産・サニトラ

1949年式フォード・クーペ

靴箱に似てるということから

シューボックスという愛称がつけられた

このクルマも個人的に好みなんですよ


大好きなマッスルカーだけでなく

あらゆるアメ車の文化に触れることができて

ホントにハッピーな1日でした


前回書いたストリートカーナショナルズ鈴鹿の記事はコチラ




missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 02, 2017

シボレー・ノマド

21st Street Car Nationals Suzuka

もうそこまで迫ってますよ

1958年式シボレー・ノマド

ベルエアのステーションワゴンです

50年代のアメ車はメッキパーツを多用してて

華やかで個性的な顔付きですよね


フロントガラスやドアパネルとか

かなり凝ったデザインで

レストアする時にメッキモール類を

集めるのに物凄く苦労しそうです


リアビュー

こんなプレスラインやテールライトは

現代では考えられません

まさに個性の塊ですね


ボディカラーもハデだし全長5.3mもあって

かなりのインパクトでしたよ


とても目立つアメ車でした

前回書いたストリートカーナショナルズ鈴鹿の記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 01, 2017

プリムス・GTX


21stストリートカーナショナルズ鈴鹿

今週末に迫ってるので

去年の会場で見つけたマッスルカーを紹介します

1968年式プリムス・GTX

若者向けだったロードランナーの兄貴分で

ラグジュアリー重視のクルマだったそうですよ


出て間もない68年式だと

まだ大人しめの顔付きで落ち着いた印象です


右側面

440cu.in.(7.2リッター)エンジン

375馬力を発生させているそうですよ

後ろ姿を一見すると

ただのオヤジ車にしか見えないのに

高性能サスペンションを採用したり

ハイパフォーマンスエンジンを

搭載してるというのがいいですよね


カッコいいマッスルカーでした

前回書いたストリートカーナショナルズの記事はコチラ





missilemachine at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。