マッスルカー

June 05, 2017

プリムス・ロードランナー

21st Street Car Nationals Suzuka

会場で見つけたマッスルカーを紹介していきます

1970年式プリムス・ロードランナー

一番好きなマッスルカーといってもいいくらい

お気に入りのクルマです


この顔付きがいいですよね

サイドストライプがロードランナーという

遊び心があるのも面白いです


エアグラバー

ロードランナーは純正のラリーホイールを

装着してる場合がほとんどですけど

割と現代風なホイールを履いてるのが印象的でした


カッコいいマッスルカーでした

イベント会場で見るマッスルカー

キッチリ仕上げられてるのがほとんどで

それを見るのが好きなんですけど・・・

1969年式ロードランナー

このクルマはなかなかの衝撃でした

塗装は剥がれてるし、所々凹んで錆びてるので

外観は完全なレストアベース車両だし

そもそも日本国内にこんな状態のロードランナー

あること自体が驚きでしたよ


最近69年式の大人しめのフロントマスクも

カッコいいなって思うようになってきました


運転席

リアビュー

見慣れてくるとイイ感じのヤレ具合ですね

ポ〇コツ臭(失礼)が漂う外観とは裏腹に

キッチリ整備されたエンジンルームを見ると

「あぁ、外観は狙ってやってるんだな」と

オーナーさんの思い入れみたいなのが

伝わってきて嬉しい気分になりましたよ


とにかく衝撃的なマッスルカーでした

記憶に残るロードランナーでしたよ

会場や駐車場には他にも

ロードランナーGTXがいたので

思いのほか近いうちに紹介するかもしれません

前回書いたストリートカーナショナルズ鈴鹿の記事はコチラ


missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 01, 2017

プリムス・GTX


21stストリートカーナショナルズ鈴鹿

今週末に迫ってるので

去年の会場で見つけたマッスルカーを紹介します

1968年式プリムス・GTX

若者向けだったロードランナーの兄貴分で

ラグジュアリー重視のクルマだったそうですよ


出て間もない68年式だと

まだ大人しめの顔付きで落ち着いた印象です


右側面

440cu.in.(7.2リッター)エンジン

375馬力を発生させているそうですよ

後ろ姿を一見すると

ただのオヤジ車にしか見えないのに

高性能サスペンションを採用したり

ハイパフォーマンスエンジンを

搭載してるというのがいいですよね


カッコいいマッスルカーでした

前回書いたストリートカーナショナルズの記事はコチラ





missilemachine at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 18, 2017

プリムス・バラクーダ

YouTubeで見つけたマッスルカー動画です

1971 Plymouth Cuda & Barracuda Training Film

事細かに説明してるので面白いですよね


missilemachine at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 07, 2017

プリムス・AAR'Cuda

久しぶりにゴリゴリのマッスルカーを

紹介したくなったので

Mooneyes Street Car Nationals 2016

会場で見つけたこのクルマを紹介します


プリムス・AAR ’Cuda

やっぱりバラクーダはカッコいいです

しかもこのクルマは70年代アメリカ

大人気だったツーリングカーレース


「SCCAトランザム」で勝つために

レギュレーションで交換を禁止されている

パーツに最初からレース仕様を組み込んで

ホモロゲーション取得のために

限定販売された特別モデルです


エンブレムと

前後に伸びるストロボストライプが

誇らしげでカッコいいですよね


エンジンルーム

340cu.in.(5.6リッター)V8エンジンが

290馬力を発生させてるそうです


リアビュー

カッコいいマッスルカーでした

会場には他にもバラクーダが結構いて

なかなかいい目の保養になりました

丸目4灯モデルもカッコいいですよね

会場にはなんとヘミクーダまでいたので

いつか紹介します

前回書いたムーンアイズストリートカーナショナルズの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 07, 2017

アメ車

東京オートサロン2017

会場で見つけたアメ車を紹介します

フォード・マスタング

岐阜県LUXZ(ラグジ)というアメ車に強い

ショップのブースに展示してありました


新型マスタングは精悍な印象の

フロントマスクでカッコいいですよね


このクルマはマスタング誕生50周年記念の

350台限定車
だそうで

さぞかしデカイV8エンジンでも

搭載してるんだろうと勝手に思ってましたけど

2.3リッター直4エコブーストエンジンが

搭載されてるそうです
時代の流れでしょうかね

流行りのダウンサイジングターボですけど

314馬力だそうなので結構速いんでしょうね

「EDGE CUSTOMS(エッジカスタムズ)」という

オリジナルブランドのエアロキット

装着してましたけど、かなりカッコいいです

「製品の企画から開発まで全て日本で行う
   完全なるジャパンクオリティを追及する」


という高品質に拘ったコンセプトだそうですよ

オーバーフェンダーの個性的なデザインが

迫力満点でしばらく見入っちゃいましたよ


ワーク マイスターL1ホイール

ツライチ

リアタイヤもかなり深リムホイール履いてます

リアビュー

トランクスポイラーも特徴的で

リアオーバーフェンダーと一体感がある

デザインでカッコよかったですよ


他にもフロントスポイラーサイドスカート

リアディフューザーがセットで装着されてました

会場内にマスタングは数台いましたけど

インパクトはこのクルマが一番でした

東京オートサロンインポートカー部門の

優秀賞を受賞したそうですよ


乗れるもんなら乗ってみたいと思う

カッコいいマスタングでしたよ


ダッジ・チャレンジャーSRT392

492馬力6.4リッターV8エンジンを搭載する

このマッスルカーもエッジカスタムズ

エアロキットが組まれてて迫力満点でした


このチャレンジャーもカッコいいなぁ

以前リバティーウォークのエアロを組んだ

チャレンジャーを見ましたけど

凝ったデザインのエアロパーツを装着してて

LBワークスよりさらに上を行く出来栄えでした


やっぱりアメ車は存在感がありますね

カッコいいチャレンジャーでしたよ

LUXZのHP見てたら

東京オートサロン初出展だそうですけど

間違いなく人気に火が付くでしょうね


アメ車がほしくなっちゃうかもしれないので

一度HP見てみるといいと思いますよ

2台とも会場内でとても目立ってました

前回書いた東京オートサロンの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。