August 29, 2016

レクサス・RC F

先日鈴鹿サーキットで開催された

SuperGT 第6戦 鈴鹿 ポッカ1,000km

優勝マシンを載せときます

ZENT CERUMO RC F(立川祐路、石浦宏明)

ホントはNSXに優勝してもらって

気持ちよく最初に紹介したかったんですけどね


悔しいですけど終始安定した走りで強かったですよ

決勝8位スタートから

立川祐路選手がスパスパ抜いて

30分もしないうちに優勝争いしてるんだから

敵ながらアッパレでした

大差での勝利ではなくてレクサス勢

手に汗握る優勝争いしてたので

ファンはさぞかし興奮したことでしょうね


カラーリングもカッコいいです

パチ屋がメインスポンサーというのは

個人的には喜べないですけど


カッコいい

鈴鹿2コーナー

GT500グラスのマシンは

1コーナー進入時、横Gでエアロが

路面に当たって火花散らしながら

コーナリングしてますけど

路面が悪くなりそうでヒヤヒヤします


長丁場の過酷なレースなので、観客席が

レース終了時、観客席が応援してるチーム、マシン

関係なく完走した全車両を

祝福する雰囲気になるのが好きです


ポッカ1,000kmは獲得ポイントが多いので

今回の優勝で一気にランキング上位に

食い込んだみたいですね

とりあえず優勝おめでとうと言っておきましょう

それにしても冠スポンサーのオートバックス

バックに付いてるくせにARTA NSX

いつになったら優勝してくれるんでしょうかね


もう応援するの止めちゃおうかな

なんて考える気分になっちゃうかも(^^;)

前回書いたスーパーGTの記事はコチラ

missilemachine at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

ミサイルマシン

記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。