March 2014

March 31, 2014

ヒルクライム動画

YouTubeで見つけたヒルクライム動画です

1965 Shelby GT350 at 2008 Virginia City Hillclimb

シェルビー・GT350いい音してますよね

それにしても日本でも公道を占有して

ヒルクライムイベントとか開催することは

そんなに難しいことなんでしょうか?


浅間ヒルクライムとかありますけど

まだまだヒルクライムイベントを

身近には感じられませんよね


前回書いたシェルビー GT350の記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

missilemachine at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)YouTube(ヒルクライム) | YouTube(マッスルカー)

March 30, 2014

ダットサン・トラック

JCCAクラシックカーフェスティバル

ニューイヤーミーティング2014


会場駐車場で見つけました

ダットサン・トラック(620)

この愛嬌のある顔付きがいいですよね

日本でピックアップトラックというと

魚屋みたいなはたらく車をイメージしがち
ですけど

アメリカでは若者のカスタムベース車として

かなり人気だったみたいです


ボンネットにドデカいエアインテークが鎮座

してて、最初はハッタリかと思いましたが

エアクリーナーが見えるのでもしや?と思ってたら

ドラッグレースで有名なウェルドレーシング

ホイールとモロソドラッグスペシャルタイヤ

装着されてました


このダットラはドラッグレース仕様みたいなので

ほぼ間違いなくボンネットの中には

V8エンジンが鎮座してるんでしょうね


リアビュー

リアタイヤ

極太のミッキートンプソン

安全タンクに目が行きがちですけど

ありえないほどワイドに拡大された

タイヤハウスが面白いですよね


夕方になって帰ろうかと駐車場を歩いてたら

野太い排気音でこの車が走り去るのを見て

もう少し早ければオーナーさんに話を聞けたのに

と後悔しましたが、いい物が見れました

全身から速そうな雰囲気が漂っていて

すごくカッコよかったですよ

ダットサン・トラック(620)

この車は去年お台場で開催された

第27回ムーンアイズ ストリートカーナショナルズ

の会場で見つけました

このフロントマスクを見てると

なぜか幸せな気分になっちゃいます(^^;)


アメリカンな雰囲気が漂う

カッコいい旧車でしたよ


前回書いたニューイヤーミーティングの記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

missilemachine at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旧車 

March 28, 2014

ホンダ・NSX

ホンダ モータースポーツファン感謝デー2014

会場で見つけました

ホンダ・NSX(NA2)

三重県の有名なチューニングショップ

エスプリNSXだそうです

自分の記憶違いでなければ

鈴鹿サーキットの近くにあるショールームに

いつもピカピカのホンダ・NSXタイプR(NA2)

展示してあって気になるショップです


フロントフェンダー

前後ともかなりの張り出しで

かなりの迫力です

右側面

プロドライブ GC-05Nホイール

リアビュー

GTウィング

エアインテーク

スーパーGTで活躍してたGTマシンを

髣髴とさせるカッコいいNSXでしたよ


プロドライブホイール

GC-012Lホイール

スーパーGTのスリックタイヤ

なかなか楽しいブースでしたよ

前回書いたファン感謝デーの記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください


missilemachine at 23:52|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

March 26, 2014

ラリー動画

YouTubeで見つけたラリー動画です

COLIN McRAE SUBARU IMPREZA WRC97 ONBOARD

スバルWRC黄金時代とは

切っても切り離せない存在だった

コリン・マクレーが事故死してから

もう7年も経つんですね


時代遅れと言われる事はあっても

動画を見てるとドリフト走行に拘った走りで

ファンが多かったのも納得ですよね

関連記事は↓のタグをクリックしてください

missilemachine at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラリー | YouTube(ラリー系)

March 25, 2014

ダットサン・ブルーバード

第27回ムーンアイズストリートカーナショナルズ
の会場で見つけたブル510を紹介します

ダットサン・ブルーバード(510)

かなりいい雰囲気を醸し出してました

L16エンジンでしょうか?

どうしても4連スロットルに目が行きがちですけど

サーモバンテージを巻いた

タコ足もカッコいいです

やっぱりターンフローエンジンは裸でエキマニを

装着なんてしたら熱でパーコレーションとか発生して

お話にならないんでしょうかね

ステンレス板っぽい仕上げの

ツヤ消しシルバーがイイ感じです


これなんてホイールでしたっけ?

車内

カーボン調パネルやオリジナルの内装の他にも

スタックメーターとか装着されてて

かなり拘ってるのがよくわかります

これは勝手な憶測ですけどシフトレバーが

スカイライン(32)用っぽい気がするので

トランスミッションを換装してるかもしれません


フルバケットシート

前後ブレーキバランスを調整する

プロポーショニングバルブっぽいレバーや

シフトレバーに付いてる謎のボタンとか

細かく見だしたらキリがないほどイジッてますね


もうかなり前のことなので忘れちゃいましたが

この車は会場で何かの賞を取ってて

かなり注目されてました


相当愛情とお金がかかってるであろう

カッコいい旧車でしたよ


前回書いたストリートカーナショナルの記事はコチラ
前回書いたブル510の記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください




missilemachine at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旧車 | Stance スタンス
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。