January 2012

January 17, 2012

東京オートサロン2012画像集その3

先日幕張メッセで開催された東京オートサロン2012ですが

今日はR35GT-Rを紹介しようと思いますが

各チューニングメーカーがこぞって自慢のデモ車を

展示してたので、どれから紹介しようかと悩みましたが

見た目のインパクト重視でこの車にしました

BenSopra(ベンソープラ)

調べてみて初めて知りましたが大阪のショップで

チューナーというよりはデザイナーって感じでした

ベンソープラGT-R(R35)右前
ベンソープラGT-R(R35)

カッコいいエアロパーツを装着してていいなと思って

撮影してたのですが、次の瞬間ビックリしちゃいました

ベンソープラGT-R(R35)フロントカウル
ガバッとボンネットが開いちゃいましたよ
ベンソープラGT-R(R35)右側面
このGT-Rはボンネットやバンパー、フェンダーなどが

一体式のカウルになっています

ベンソープラGT-R(R35) エンジンルーム
作業性の向上を狙って・・・という感じでもなさそうなので

やっぱり見た目のインパクト重視なんでしょう
ベンソープラGT-R(R35)フロントカウル内側
フロントカウル内側
ベンソープラGT-R(R35)フロントカウルヒンジ
当然のことながらヒンジはガッチリした作りです
ベンソープラGT-R(R35)前置きインタークーラー
左右に振り分けられた前置きインタークーラー

よく見えますね
ベンソープラGT-R(R35) フロントカウル
シッカリとした作り込みもそうですけど

この発想が一番凄いですよね
ベンソープラGT-R(R35)エンジンルーム
エンジンルーム

外観のインパクトに負けず劣らず圧巻のチューニング内容

鍛造ピストンH断面コンロッドカムなどくまなく

手が加えられた上にギャレットGT3082Rタービン

ツインターボで驚きの1,000馬力だそうです


ORCトリプルクラッチホリンジャーシーケンシャルミッション

駆動系の強化もバッチリだそうですよ
ベンソープラGT-R(R35)フロントタイヤ
フロントタイヤ
エンケイGT-C01ホイール
エンケイGT-C01ホイール

残念ながらタイヤサイズはわかりませんが

10.5Jのホイールにヨコハマスリックタイヤ

装着されています
ベンソープラGT-R(R35) フロントタイヤ
カウルを閉じた状態

カッコいいですけどタイヤ当たりませんか?(^^;)
ベンソープラGT-R(R35)リヤタイヤ
リヤフェンダーも圧巻の張り出しようですね
ベンソープラGT-R(R35) リヤタイヤ
しかもリベット留めっていうのがまたシブいです
ベンソープラGT-R(R35)リヤウィング
リヤウィングが強烈なインパクトを放ってます

こういう装着の仕方は新しいですよね
ベンソープラGT-R(R35)  右前
物凄いインパクトのエアロキットですけど

気になるお値段は何と350万円だそうです

しかもリヤウィングは別売りで、確か50万円くらいだったと

さらに取付工賃なんていくらかかるか考えたくもないです

自分の年収で全部込々払えると思いたいです(^^;)

世界の高級スーパーカー共に対して全く引けを取らない

日本車もついにここまで来たんだと勝手に感心しちゃった

カッコいいGT-Rでした

実はトラストブースのR35GT-Rベンソープラ

コンプリートエアロを装着
してたんですけど

本家ということと、こちらはフロントカウルを閉じた状態も

撮影できたので先に紹介しました


他にもR35GT-Rがたくさん展示されてたので

これからどんどん紹介していきます


BenSopraのホームページはコチラ
前回の記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

週刊日産GT-R驚愕の事実

最近CMでよくやってる週刊日産GT-Rなる商品がありますよね

気になった人も多いんじゃないかと思うんですけど

先日行った2012東京オートサロンの書店ブースで

見つけてきましたよ
週刊GT-R
週刊日産GT-R
週刊GT-R表紙
全国の書店でも簡単に見つけられます

ホントに週刊なのか隔週なのかは調べてないですけど

毎号届くパーツを組立てていくと1/8スケールの

実写を忠実に再現したR35GT-Rが完成
するという

よくあるやつですが、付属のマガジンには

GT-Rの開発秘話などが盛り
だくさん
と謳っているので

かなり興味を惹かれる内容ではありますよね

パワーウィンドウやヘッドライトが実際に作動するなど

結構凝った作り
になってるそうなので

ほしいと思った人も多いと思います

この手の商品は1号でも買いそびれると完成しないので

最初から定期購読をオススメされるのが常ですけど

一番気になるのは、全部で何号届くのか?

完成までいくらかかるのか?という点ですよね


自分はこんなもの興味ないんですけど

驚くべき物を見つけてしまったので記事にしてみました
週刊GT-R創刊号
GT-R全100号で完成!!

ふざけんじゃねぇって感じですよね

バカにするのもほどほどにしろよ(ノ`Д´)ノ

100週って、完成まで丸2年以上もかかりますよ

創刊号は790円ですけど2号以降は1,790円だそうなので

完成まで単純計算で178,000円かかります


これはCMを見た人の90%以上はは知らない

事実じゃないでしょうか(^^;)

公式ホームページを見ても何号で完成するのか

合計でいくらかかるのか、どこにも記載されていません


定期購読するフリして購入手続きを進めても

先に個人情報を記入させられるので断念しましたが

クレジットカード番号をキッチリ記入して注文が確定しないと

価格は教えてもらえないんじゃないかと・・・

週刊GT-R創刊号中身
丸2年間もこんなパーツを小出し小出しにされて

ゴミだらけになるのを我慢できる人や

実写のGT-Rを新車で買えるくらいお金が余ってる人には

オススメかもしれません(^^;)

ちょっといいかもとか安易に手出しすると危険ですよ

missilemachine at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 16, 2012

2012東京オートサロン画像集その2

第2回目の今日は2012東京オートサロン

注目だった車の中の1台を紹介しようと思います

スバル

スバルブース
スバルブース

今年のスバルブースは活気にあふれてましたよ
スバルBRZ STiコンセプト フロントマスク
スバルBRZ STiコンセプト

正直言うとそこまで興味なかったので

FT-86BRZの情報はベストカーくらいでしか

仕入れてなかったんですけど、BRZはターボって聞いてたので

市販車に期待してましたが、最近になってBRZもNAという

何とも残念な記事が書かれていたのですごく残念でした


理由を見たら納得、しかもかなり幻滅しちゃいました

FT-86BRZの6速MTはアルテッツァに採用されてた

アイシン製6速だそうで、ターボを装着して増大したパワーに

ミッションが耐えられないんだとか・・・


アルテッツァの6速といえばガラスのミッションとか言われ

チューンするとすぐにぶっ壊れるというのは有名な話で

強度的にとても残念な代物
だったそうじゃないですか

何の改良も無しにそのまま採用するかどうかは知りませんけど

アルテッツァの教訓を生かせずに発売するとしたら

トヨタ(スバル)は何をしたいんでしょうね


と、前置きが長くなってしまいましたが
スバルBRZ STiコンセプト左前
カッコいいですよね
スバルBRZ STiコンセプト右前
反対側
スバルBRZ STiコンセプト 右後ろ
リヤビュー
スバルBRZ STiコンセプト リヤスポイラー
リヤスポイラーが意外に控えめな印象で

リヤ側がちょっと弱いんじゃないかと思いましたけど

スバルBRZ STiコンセプト 左前
カッコよかったのはいいんですけど

ちょっとくらいスペック載せとけよってイラッとしました

STiと謳うんなら半端なスペックで出してほしくないですよね

販売開始直後からインプレッサのEJ20エンジンとミッションを

移植するショップとか続出することでしょう(^^;)


もう1台驚異の人だかりだったマシンがコチラ
スバルBRZ GT300フロントマスク
イカツイ
スバルBRZ GT300 左前
スバルBRZ GT300

その名のとおり2012シーズンのスーパーGT300クラス

参戦することが決定してるマシンです

スバルBRZ GT300左側面
当然のように
スバルBRZ GT300フロントタイヤ
フロントタイヤも
スバルBRZ GT300GTウィング
リヤタイヤも大幅に張り出していますけど

レガシィのGTマシンよりも自然な感じがします
スバルBRZ GT300スペック表
スバルBRZ GT300スペック表
スバルBRZ GT300左前
レガシィも頑張って開発を重ねて去年は活躍しましたけど

やっぱりこういうスポーツカー然としたデザインのマシンが

走ってる方が見てて面白いですよね


ブースにはこのマシンも展示されてました
R&Dスポーツ レガシィB4フロントマスク
R&Dスポーツ レガシィB4

ブースの大画面で流されてたレガシィのレース名場面

総集編みたいなのがかなりカッコよかったです

R&Dスポーツ レガシィB4右前
ぶっちゃけ現行のレガシィはデザインが好きじゃ人ですけど

一応スバル乗りとして応援はしてました(^^;)

お役御免となって残念ではありますけど、今まで蓄積された

貴重な開発データをBRZに活かしてほしいですよね

スバル・インプレッサG4 STiコンセプト
スバル・インプレッサG4 STiコンセプト

おまけです

今年のスバルブースはモータースポーツ色が強くて

面白いブースでしたよ


前回の記事はコチラ
前回のスーパーGTの記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

January 15, 2012

2012東京オートサロン画像集その1

大盛況だった2012東京オートサロンを見終えて

やっと家に帰ってきたので早速更新していきます

グルッと回って感じた今回のオートサロンの感想としては

スポーツカーの展示がそこまで多くなかったんじゃないか

ということですとはいえR35GT-R

新型スイフトスポーツの展示はかなり多かったですよ


あとあんまり興味がないので画像はほとんどありませんが

トヨタFJクルーザーの展示台数がハンパなくて

一番多かったんじゃないかと思うほどでした


第1回目の今日はこのブースを紹介することにします

スズキ

スズキブース
スズキブース

去年のあんまりパッとしなかったブースとは違って

今年のスズキブースはすごく面白かったですよ
スズキ・スイフトスポーツ(ZC32S)右前
スズキ・スイフトスポーツ(ZC32S)

駐車場でも2台ほど見かけてカッコいいのは知ってましたけど

このスイフトスポーツのカッコよさは衝撃的でしたよ
スズキ・スイフトスポーツ(ZC32S)右側面
かなりローダウンされてていい感じです
OZレーシング アドレナリーナホイール
O.Zレーシング アドレナリーナホイール

よく似合っててカッコいいですよね
スズキ・スイフトスポーツ(ZC32S)右後ろ
どこのエアロパーツでしょうか?
スズキ・スイフトスポーツ(ZC32S)右前
個人的な衝撃度は会場一だったかもしれません
スズキスイフトスポーツ左前
こちらは純正オプションのエアロを装着してて

上のよりは現実的ですけど十分カッコいいですよね

スズキ・スイフトスポーツ(ZC32S) トランクルーム
トランスペースの深さが半分くらいになってて驚いたのですが

2段重ねになってたので一安心です

でもあんまり意味ないような気もしますけど(^^;)

新型は6速MTだし136馬力とだいぶパワーもあって

デザインもかなりカッコよくなってるので

また人気が出ちゃうでしょうね

スズキMRワゴン左前
スズキMRワゴン
スズキMRワゴン左側面
昔スズキのディーラーマンをしてたこともあって

だいぶひいき目の自分が見ても、ハッキリ言って

何でこんな車発売したのか理解できないデザインですけど

CMでも活躍してるミイがかわいかったので載せときました
スズキ・アルト エコ(HA35S)とお姉さん達
スズキ・アルトエコとキャンギャルのお姉さん達
スズキブースのお姉さん 1人目
スズキブースのお姉さん1人目
スズキブースのお姉さん1人目
ムフフ
スズキブースのお姉さん 2人目
スズキブースのお姉さん2人目
スズキブースのお姉さん2人目
ブースに華を添えてくれてました
スズキ・アルト エコ(HA35S)右側面
ついでにCMに出てる香里奈も載せときます

全然話は変わりますけど、最近の軽自動車って

こぞって燃費の良さをアピールしてますけど

ここまでいけばどれでも同じような気がしませんか(^^;)

スズキブース受付のお姉さん
スズキブース受付のお姉さん
スズキブースのお姉さん3人目
車はカッコいいしお姉さんは綺麗な人ばかりだし

今年のスズキは楽しいブースでしたよ


昨日1日で800枚ほど撮影してきましたけど

今年は記事を書きたいと思う車達を吟味してきたので

たくさん記事が書けそうです

2011年の東京オートサロンの記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

January 14, 2012

2012東京オートサロン

いよいよ
続きを読む

missilemachine at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

ミサイルマシン

記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。