July 2009

July 31, 2009

ボディポストの穴空け(インチキ)

先日ホイールを付けたら早く走らせたくなっちゃって

ちょっと急いで作業を進めます
HPI S15シルビアボディ
HPI S15シルビアボディ

当然ヨコモのS15シルビアのボディもありますが

HPIのほうが安いので最初のボディにはもってこいです
ボディポスト穴開け1
ボディポストはリヤ側のほうが長いので

まずリヤ側の穴を開けてからフロント側に移ります
ボディポスト穴開け2
まず横方向から前後のホイールアーチタイヤの位置を合わせて
ボディポスト穴開け4
ボディポストに合わせて横方向に線を引いてから

左右で均等になるよう長さを測りながら印を入れます

ヨコモもHPIもボディの表面に薄いフィルムが貼ってあるので

内側から塗装してから剥がすまでは落書きしてもOKです
ボディポスト穴開け5
ボディポストは幅が6仄なので適当に丸印を付けたら

次は穴開けです必要な工具は
ボディポスト穴開け工具
先が尖った目打ちみたいな物と棒状のヤスリだけで充分ですね
ボディポスト穴開け6
まず一思いにブスッと穴を空けたら・・・
ボディポスト穴開け7
あとはひたすらギコギコ削るだけで
ボディポスト穴開け8
完成です

他にもやり方はあると思いますが、ボディポスト穴あけのために

わざわざ専用工具を買うのもバカらしいし

ちょっとインチキ臭いですけど作業時間30分くらいでできたので

大満足です
ボディポスト穴開け完了
いよいよラジコンっぽくなってきましたね

あとはボディ塗装してボディをカットしてサーボ載っけて・・・

まだまだ先は長いですね



missilemachine at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 30, 2009

社外ホイール履くのに必要な

ドリパケに標準装備されてるホイールハブ
ディスクローター型ホイールハブ
やけにチャチな造りなので大丈夫かって思いましたが

特に気にも留めてませんでしたしかし
ボルクレーシングGT-7ホイールとRSワタナベ8スポークホイール裏側
左がヨコモ、右が社外のホイール

画像ではわかりにくいですが、真ん中のホイールハブと当たる

6角形のくぼみがヨコモ(左)は2ですが

画像のホイール(右)に限らずだいたい社外ホイールは

5个播一
されてるみたいです

当然ヨコモのホイールハブも2なので

社外ホイールを装着するにはホイールアダプターという部品が

必要
みたいですがラジコン天国に行ったらいい物がありました
ブレーキディスク ホイールアダプター付(38mm)1
ホイールアダプター付きブレーキディスク

金属製ブレーキディスクにホイールアダプターが付いてます
ブレーキディスク ホイールアダプター付(38mm)
ラジコン天国では924円でしたが1セットしかなかったので

アリスホビーに行ったら1,009円でした

値段はともかく、とりあえず1台分見つかってよかったです
ドリパケ純正ホイールハブと社外ホイールハブ
プラスチック製のヨコモ純正品と比べると金属パーツなだけに

明らかに強度があるので頼りになりそうです

真ん中のハブの出っ張りもヨコモの2个紡个靴藤記个△蠅泙靴
ホイールハブ装着手順2
装着方法は純正品と同じく簡単で

アクスル部分にピンを挿してディスクをはめるだけです

試しに装着予定のワタナベホイールを付けてみると・・・
ワタナベホイール装着
チョーカッコいい

ブレーキディスクのドリルドローターもよく見えていいですね
ワタナベホイール装着その2
いい感じです早く仕上げて走り出したくなってきました
ボルクレーシングGT-7ホイール装着
一応ボルクレーシングGT7ホイールも載せときました

当分使う予定はありませんがこっちもカッコいいですね



missilemachine at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 29, 2009

お気に入りのお店カフェメルス

尾張旭市にあるお気に入りのお店です
カフェメルス看板
カフェメルス

夜中までやってるのが嬉しいですね
カフェメルス
コの字型の建物はそこまで大きくないですけど

いつもほとんど満席で待たされることもあるくらいです
カフェメルス メニュー1
メニューはかなり豊富で選ぶのが大変です(^^;)
カフェメルス メニュー2
好きなご飯ものとおかずを自由に組み合せることもできて

迷っちゃいますんで今回頼んだのがコレ
鉄板イタリアンスパゲティとハンバーグ
鉄板スパゲティとハンバーグ

いつもはほとんどピラフしか頼まないのですが、ちょっとは

見栄えするものも頼もうかと(^^;)

正直ハンバーグは普通でしたがスパゲティは美味しかったです
ピラフ ホワイトソースがけとミックスフライ
ピラフ ホワイトソースがけとミックスフライ

ピラフ単品でも美味しいですがホワイトソースをかけると

さらに美味しくなりますカロリーが気になりますけど(^^;)

カフェメルスの料理は基本的に大盛りなので食べきれないほど

ですが、無料で大盛りにできるので嬉しいですね

彼女さんはロコモコが好きみたいで
チキンの名古屋風ロコモコ
チキンの名古屋風ロコモコ

唐揚げみたいなものに味噌がのってます
チキたまロコモコ
チキたまロコモコ

ロコモコはいろいろな味が楽しめるのがいいですね

人のをつまみ食いするのがたまりません

カフェメルスではデザートも充実していてパフェなども

種類が多く食事以外でも立ち寄りたいお店です

機会があったら一度行ってみてください

カフェメルスの営業時間等はコチラ



missilemachine at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 28, 2009

ドリパケに付けるホイールを調達してきました

自分が買ったドリパケ
ドリフトパッケージ トラストS15シルビア
ドリフトパッケージ トラストS15シルビア

最初からD1マシン仕様にするつもりはないので

S15シルビアなら何でもよかったんですけどね(^^;)

んでこのシルビアに標準装着されてるホイールがコレです
ボルクレーシングGT-7ホイール
ボルクレーシングGT-7ホイール

結構カッコいいホイールだと思うんですが、どこかのHPで

メッキホイールのメッキはすぐに剥がれると書いてあったし

どうせすぐぶつけてボロボロになるんだから最初から

使ったらもったいないかななんて貧乏臭いことを思ってました(^^;)

それにヨコモのタイヤは値段がちょっと高い気が・・・

タイヤとかの消耗品はできるだけ安上がりにしたいので

別なタイヤとホイールを調達してきました
スピードワークス RSワタナベ8スポークホイール
スピードワークス RSワタナベ8スポークホイール

この世にワタナベが似合わない車は存在しないというのが

持論なのでボディ交換しても使えるだろうというセコい考えと

シルビアにワタナベの組合せは珍しいかなという思いから

これを選びましたそして肝心のタイヤは
樹脂ドリフトタイヤ ハード
樹脂ドリフトタイヤ(ハード)

黒い塩ビ管をぶった切ったようなかなり硬いタイヤです

お値段は特売で980円最初はこんなもんで充分です

ホイールにタイヤを装着する時そのままでは装着できませんでしたが

ドライヤーでタイヤを暖めると装着しやすいとのことで

実際に暖めたらホントにすんなり装着できました
RSワタナベ8スポークホイール
やっぱりワタナベホイールは無敵です
ボルクレーシングGT-7ホイールとRSワタナベ8スポークホイール
2つのホイールをよく見比べると外径が違いますが

ホイールの径は同じなのでタイヤの厚みの違いですね

因みにドリパケに社外ホイールはそのままでは装着できないので

その対策のために調達した部品もそのうち紹介します



missilemachine at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 27, 2009

やっぱり痛車の世界は凄いです(^^;)

ちょっと前に見つけた車ですがビックリです
痛車RVR左前
痛車RVR

どこかのイベント会場で見かけた気がしますが

普通の車ばかりが走る街中で見ると強烈なインパクトです
痛車RVRボンネット
ボンネット一面のカラー画像は目立ちます
痛車RVR左側面
ボンネットと同じアニメらしき画像があって
痛車RVR右側面
反対側にも同じキャラクターがいたので、オーナーさんは

よほど思い入れがあるのでしょうね

画像の横に大きく「PULLTOP」と書かれているので

オーナーがよほどリサイクル好きなのか

このアニメ名が変わってるのか
気になって調べてみたら・・・

18歳未満のよい子は検索しちゃダメよ(^^;)
痛車RVR後ろ
後ろ側は様々なステッカーが貼ってありましたが

どれもなかなか面白いことが書かれていて飽きません
痛車RVRリヤガラス
鋼炎のソレイユと書かれてて、武器を担いだ少女のようですが

どうやらコチラも18禁のようです
痛車RVR右後ろ
ところどころにマジックで落書きされたような書き込みがあって

どれも面白いのでヒマがあったら拡大して見てもらいたいです

この車は掲載していいのかちょっと迷いましたが今まで見てきた中で

一番オーナーさんを見てみたい痛車でした(^^;)



missilemachine at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。