January 2009

January 31, 2009

素人のドリパケ製作日記5日目

遅々として進まなくて久々のドリパケ製作日記です(^^;)

手順5.ベルクランクの組立て

手順5部品2
手順5部品

部品点数はそこまで多くはないですが専用工具が登場します

タイロッドの組立て

タイロッドは長さ調整ができない一体式と調整可能なターンバックル式

の2種類が選べますが、後々のセッティングのことを考え

ターンバックル式にしますそこまでセッティングはしないかも(^^;)
手順5その1
この3つの部品でタイロッド1つできて3セット作ります
手順5その2
ここで最も注意しないといけないのが金属部品のターンバックルです

真ん中の左側に線が入っています必ず線が左に来るように

向きを合わせてください。片側が逆ネジになっているので

左側を右回しにして右側を左回しにしますがターンバックルの向きが

逆だとネジ山も逆になりますので気づかずに説明書どおり組立てると

えらい事になりますよ(^^;)

説明書には「向きに注意しろ」とは書いてないので優しくないですね
手順5その3
出来上がったタイロッド。42.5mmを2つ、47.5ミリを1つ作りました

因みに一番上の画像左側の部品が一体式のタイロッドです

ベルクランクの組立て

手順5その4
部品一式です。下に映っている3つのロッドエンドボールがちょっと

厄介ですが何とか乗り越えましょう
手順5その5
まずベルクランクにベアリングを入れます

両方ともプラスチックなので問題なく入ります
手順5その7
ロットエンドボールをベルクランクに組み付けますが
手順5その8
十字レンチがキットに付属しているのでこれを使います
手順5その9
横から見ながら慎重に締め付けていきましょう
手順5その10
センタークランクにもロッドエンドボールを組付けます

センタークランクは2つ作ったベルクランクを繋ぐ部品です

ここまで作ってきて思ったことがあるんですが

ビスやボルトは多少斜めについてしまっても

最後まで気合で締付ければ意外にちゃんと収まるものです(^^;)

厳密に言えば数ミリずれてるのかもしれませんが

何回も外して締めてを繰り返すとネジ山がバカになってズルズルに

なってしまうかもしれません

目くじら立てずに気楽にいきましょう(´∀`*)

今日感じたドリパケ製作のポイント

少しのミスは気にせず気楽にいきましょう

前回までと言ってることがまるっきり逆ですね(^^;)

極力失敗しないように注意をするのが当然ですが

失敗しちゃったものはしょうがないです

プラス思考でいきましょう

工程5の後半は5日目に続きます



missilemachine at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009東京オートサロン画像集その17

今回は様々なブースに展示され強烈なインパクトを放ってたあの車

日産GT-R特集ですR35メインですが前に紹介したのもあります

SAURUS(ザウルス)

林とっくりさんのショップでハイパワーなGT-Rのゼロヨンは

あまりにも有名ですね
SAURUS R35GT-R
SAURUS R35GT-R

2本のストライプが印象的ですとっくりさんのブログで

R35のデモ車が620馬力だって書いてありましたが

この車のことなんでしょうか?(^^;)

ESPRIT(エスプリ)

ESPRIT R35GT-R
ESPRIT R35GT-R

会社が鈴鹿にあるとは知りませんでした(^^;)

他のGT-Rと比べるとかなり落ち着いた外観ですが

きっちり600馬力は出てるようです

AMUSE(アミューズ)

峠最強伝説のDVDでとんでもない速さを誇ったS2000の

インパクトは強烈でしたね

R1チタンマフラーはあまりにも有名です
AMUSE R35GT-R
AMUSE R35GT-R

富士や筑波でラジアル最速ラップタイムを叩き出す車です

アミューズの元代表田名邊秀樹さんのご冥福をお祈りします

これからも田名邊さんの精神はアミューズに受け継がれてくでしょう

AUTO SELECT(オートセレクト)

AUTO SELECT R33GT-R
AUTO SELECT R33GT-R

すみませんR33しか見つけられませんでした

どっかにはR35GT-Rも展示してあったと思いますが

かなりカッコいいエアロでしたねFALKENブースに

オートセレクトのエアロで武装したGT-Rがあったそうです

TOP SECRET
   (トップシークレット)

センチュリー用のV12を搭載した80スープラで359キロも出す

すばらしい車を作ったりやりたい放題やってるショップですね(^^;)

スモーキー永田さんの踏みっぷりは見事です
TOP SECRET R35GT-R
TOP SECRETブースとR35GT-R

すみませんがR35GT-Rの画像はこれしかありません

ホントは2008年のブースでのコレが載せたかっただけです(^^;)
TOP FUEL R35GT-R
TOP SECRET R35GT-R

個人的にボルクレーシングのGT-Cは大好きです

ひょっとしたらmyBEST GT-Rかもしれないです(´∀`*)

MCR

画像集その13でもチラッと紹介しましたMCRです

まぁ今さらMCRについて特に話す必要はないでしょう(^^;)
MCR R35GT-R
MCR R35GT-R
MCR R34GT-R
MCR R35GT-R

ホットバージョンなどのDVDでGT-R特集すればまず間違いなく

この車は出てきますね真っ赤なGT-Rは目立ちます

あとは前にも紹介しましたが個人的に好きなGT-RですZELE Z35GT-R
ZELE(ゼル)R35GT-R

このボディカラーは言葉では表現しづらい良さがありますね
Mine’sR34GT-R
Mine’s R34GT-R

実際に乗るとしたら外観はコレくらいがいいかなぁなんて(^^;)

中身はとんでもないですけど

R35GT-Rを扱う各ブースやホームページを回った感想は

この不景気の時代によくもここまで力入れて

専用パーツの開発やってるよなぁ(^^;)

それだけお金をつぎ込む価値がある車ということなんでしょう

GT-Rは日本が世界の誇れる車であることは間違いないですね



missilemachine at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)東京オートサロン 

January 30, 2009

会社の仲間たちと焼き肉

今日は仕事場の仲間たちと名古屋市緑区にある

百えん屋はなれという焼き肉屋に行って

たらふく食べてきました
百えん屋
百えん屋はなれ徳重店

名前のとおりカルビ、すじ焼き、とんちゃん、とりもも、とり皮などが

105円とチョーお値打ちで牛タンでも500円しないお得な価格

なのでよく食べに行きますが、お酒飲まなければ彼女さんと2人で

3,000円でお腹いっぱいになれるハッピーな焼き肉屋さんです
百えん屋店内
テーブルの風景

さすがにちょっと細かいお肉が出てくることもありますが

味は結構いいと思います
会社の仲間たち
職場の仲間たち

左からハマケン、ハマケンの彼女なるみちゃん、北条くん

ハマケンとのくだらない賭けに負けてしまったため

今日は自分のおごりです

大酒飲みのハマケンが車運転のため飲酒しなかったため

4人で9,000円と思ったよりリーズナブルで助かりました(^^;)

百えん屋は愛知県内を中心に10店舗はありますので

近くのお店を見つけてぜひ食べに行ってもらいたいですね



missilemachine at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 29, 2009

2009東京オートサロン画像集その16

長らく続いた東京オートサロン画像集もそろそろ佳境に

突入しそうですってあと4回はやると思いますけど(^^;)

今回のテーマは特にありません

Mine’s(マインズ)

Mine'sブース
マインズブース
Mine'sR35GT-R
Mine’sR35GT-R

マインズの歴代GT-Rはかなり開発に力入れてるようでしたが

R35GT-Rもご多分に洩れずかなりのパーツがラインナップ

されてますそれにしても車高調が99万とは(^^;)
Mine'sZ33
Mine’sZ34フェアレディZ

GT-R同様かなりオリジナルパーツ出てます

マインズのブースは毎年おとなしめですが展示車のインパクトは

絶大です

因みに2008年東京オートサロンMine’sブースの車はこちら
Mine’sR34GT-R
Mine’sR34GT-R

個人的にはカナードが余計ですがこういうさりげなくイジッてある

34のGT-Rに乗りたいですね

NISMO(ニスモ)

日産ブースの画像ないなぁってありましたよNISMOブースXANAVI NISMO GT-R
XANAVI NISMO GT-Rとキャンギャルのお姉さん

去年のGT-Rは速すぎましたね(^^;)
XANAVI NISMO Z
XANAVI NISMO Z

日産ファンのみなさんすみません。あんまり記憶がないです

今年の東京オートサロンは日産車の割合がダントツに多いですね

なんで日産ブースの画像が無いんだろ

MASAモータースポーツ

みなさんのイメージはどうかわかりませんが

自分の中でMASAモータースポーツと言えばコレ
MASAモータースポーツM-34Rステージア
MASAモータースポーツM-34Rステージア

早い話がR34顔のWGNC34ステージアです

一度街で見かけたことありますがM−34Rはインパクト絶大です

余談ですが自分は今の今までオーテックバージョン260RSという

車があること知りませんでしたみなさんご存知でしたか?

GT-R以外門外不出と言われたRB26DETTを搭載した

特別なモデルです

ちょっとほしいなって思ったんですけどGooで検索すると

長く乗ってもいいと思えるタマは250万は下らないですね

ステージアは未だに根強い人気があるので仕方ないですね

CHARGE SPEED
   
(チャージスピード)

激速エアロで有名なブランドですね
CHARGE SPEEDブース
CHARGE SPEEDブース

チラッと映ってますが
CHARGE SPEED GRBインプレッサSTi
チャージスピードGRBインプレッサSTi

チョーカッコいいです今まで見たGRBインプレッサの中で

一番カッコいいと思いました(;´Д`)ほしいです
CHARGE SPEED CZ4Aランエボ?
チャージスピードCZ4Aランエボ

こっちもカッコいいですこの2台を特に力入れてるみたいですね

ちょっと思ったんですけど最近の車はカッコいいしスペックも

一昔前とは比べ物にならないくらい進化してますが

もう若者が買ったりイジッたりできる車達じゃないですね

こんな高価な車で峠を走る気にはなれないし(^^;)

そもそも速すぎるんですよどこで全開するんですかね



missilemachine at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)東京オートサロン 

January 28, 2009

初心者のドリパケ製作日記4日目

今回は工程5を紹介する前に思いつくことがあったので

番外編ということで紹介したいと思います

前回ポイントとして

「ボルトやビスはまっすぐ締め付ける」

と書きましたが具体的にどうしたらいいのか自分なりに

考えてみました

.咼昂蠅量未鮨緤燭砲垢
ドリラジ置き方
ビスをまっすぐ(垂直)に立てるためにこれは外せません

普段はテーブルの上で作業してますがちょうどいい高さにするために

使うのがこれ
ドリラジ作業台
東海ウォーカー最新号の表紙は香里奈さんです

別に東海ウォーカーじゃなくて構わないんですけど(^^;)ドライバー持ち方1
普通の持ち方で締めると斜めになる恐れがある

というのもあるんですが、この締め方だと締付けの最後の

一番力がいるときにズルッとビス山をなめてしまうことがあります

締まっているビスを緩め始めるときも同様です

ビスをボツにしたくないので山をなめた画像はありませんが(^^;)

そこで提案するのがこの締め方です

▲疋薀ぅ弌爾鮨眥召卜てて上の部分を親指で押さえる
ドライバー持ち方5
真横から見たのがこちら
ドライバー持ち方3
結構力を入れて押さえたほうがいいと思います

勢い余って傾いてたら本末転倒ですが、これなら角度も見やすく

上から押さえるのでビス山をなめる可能性も減ると思います

指に力を入れつつ反対の手でドライバーを回す
ドライバー持ち方4
ビスを回すことに気をとられてドライバーの角度を

見忘れないよう気をつけてください

自分はこのやり方が一番いいと思っていますが

皆さんはどう思いますか?



missilemachine at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。