August 16, 2013

ビュイック・リビエラ

第27回ムーンアイズ  ストリートカーナショナルズ

会場で見つけた個性的な車を紹介します

ビュイック・リビエラ

67年式辺りでしょうか?

高級フルサイズクーペとして

好評を博したモデル
だそうです

うちのブログでも何度か紹介しましたが

この車の魅力は、他に類を見ないほど

個性的なデザインじゃないでしょうか


フロントマスク

エンブレム

クレーガーホイール(245/60R15)

アルフィンドラムブレーキが見えてます

左側面

リアビュー

独特な雰囲気を持つ不思議な車でしたよ

会場にはもう1台いたのでまた今度紹介します

前回書いたビュイック・リヴィエラの記事はコチラ
前回書いたストリートカーナショナルズの記事ははコチラ

August 15, 2013

マン島ツーリスト・トロフィー

YouTubeで見つけたバイク動画です

- - - THE - ROAD - WARRIORS - ✔
 ♣_IRISH_✜ ROAD ♛ RACING - ✔
 +Southern100, Isle of Man TT


今までいろんなマン島TTレースの動画見てきましたけど

これはオーバーテイクシーンが

多くて見応えタップリです

2:58からのジャンピングポイントでバランスを崩した

ライダーはよくあそこから立て直せましたね

クリッピングポイントは砂どころか石ころだらけの


公道コースをよくもあそこまで

攻められるものです


前回書いたマン島TTレースの記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください



August 14, 2013

軽自動車アレコレ

第27回ムーンアイズ ストリートカーナショナルズ

会場で見つけた個性的な軽自動車を紹介します

スズキ・ワゴンR

こういうジョークがいかにもアメリカって

感じがして笑えますよね


ダイハツ・ミラ

RSワタナベ8スポークホイール

イイ感じのツライチになってます


フロントフェンダーの日章旗の赤い部分が

錆びてる
のがわかりますか?

個性的でカッコいいですよね

韓〇人が見たらブチ切れそうですけど(^^;)

ホンダ・トゥデイ

なんかやけに走りそうな雰囲気がしていいです

ホンダ・プリモのハチマキがサイコーです

フルバケも装着しててレーシーな印象ですよね

キレイに仕上げられてたエンジンルームの

画像がボヤけちゃって使い物になりませんでしたけど

カッコいいトゥデイでしたよ

スバル・R1

サイドの木目パネルがイイ感じです

ホンダ・バモスをベースにしたカスタムカー

どこからどう見てもダッジバンですよね

カッコいいです

シェビーバンもいましたよ

ラパンを無理やりピックアップにしちゃったのまでいて

個性的でカッコいいです

上の4台はドリームファクトリーBLOWというショップが

手がけてるそうなので、気になる人は検索してみてくださいよ

どの車も個性的でカッコよかったですよ

前回書いたストリートカーナショナルズの記事はコチラ

August 13, 2013

痛Gふぇすたinめいほう画像集その6

今日は痛Gふぇすたinめいほう

会場で見つけた痛車を紹介します

トヨタ・カローラレビン(AE86)

痛Gふぇすたの会場には時々こういう

レーシングカーばりの車がいるから面白いです


ワーク・マイスターCR01ホイール

溶け溶けのSタイヤ(アドバンA050)

組み合わされてましたよ

リベット留めオーバーフェンダーが装着されて

アドバンスリックタイヤ(195/55R15)

レイズ・グラムライツ57Dホイールの組合わせでした

4AGエンジン

5バルブの黒ヘッドが鎮座してます

車内を見てみると・・・

完全にレーシングカーですね

等長リンク化されててかなりの造り込みですよね

ワットリンクとかもやってあるんでしょうか?

ヘタしたら筑波N2決戦とかに出てても

全然おかしくないですよね


かと思えばバリバリの痛車だしホント不思議です

右側面

なかなかお目にかかれないサーキット仕様の

カッコいいハチロクでしたよ

もう一台お仲間がいたので後日紹介します

前回書いた痛Gふぇすたinめいほうの記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

missilemachine at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 12, 2013

ランチア・ラリー037

先日行った四国自動車博物館で撮影した

037ラリーのコンペティツィオーネ(競技車両)

紹介しようと思ってたのですが

その前にこっちを紹介しないといけません

ランチア・ラリー037ストラダーレ

ランチアWRCグループBで勝つためだけに

開発
し、ホモロゲーションを取るために

200台だけ生産
された中の1台がこの車

ストラダーレ(市販車両)です

フロントタイヤ

デザインはよく似てますけど純正ホイールは

Fr5インチ16インチ、Rr16インチに対し

この車には17インチが装着されてましたよ

リア側に回るとリアカウルがガバッと開けられてて

ミッドシップのエンジンが丸見えです


この車はキャビン以外は前後とも

鋼管パイプフレームにFRPボディ


被せているという過激な仕上がりとなってます

2リッターエンジンにスーパーチャージャーを

装着して205馬力を発生させてます


かなり複雑なフレームワークですよね

縦置きエンジンに装着されてるのが

ZF製5速トランスミッション

ドイツのZF社は日本ではあまり馴染みがないですけど

DTMのマシン全車にクラッチを供給してたり

レース界でも100年近い実績のあるメーカー


今年からスーパーGTのシリーズパートナーとして

パーツを供給するそうですよ


ツインダンパーのダブルウィッシュボーンサス

この車は2年前のアバルトデイズという

イベント会場で見つけたんですけど

こういう特殊なイベントでもないと

拝めない激レア車に出会えてハッピーでした


御殿場まで出張った甲斐がありましたよ


追記:shnさん、ご指摘ありがとうございます

ランチア・ラリーストラダーレの正しいタイヤサイズは

Fr205/55VR16、Rr225/50VR16だそうです

不勉強ですみません

訂正してお詫びしますm(__)m


前回書いたアバルトデイズの記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

missilemachine at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)旧車 

August 11, 2013

プリムス・AAR‘クーダ

17thストリートカーナショナルズ鈴鹿

会場で見つけたマッスルカーを紹介します

プリムス・AAR‘Cuda

第3世代のプリムス・バラクーダの中でも

特別なモデル
で、当時アメリカで大人気だったレース

「SCCAトランザム」を制覇するための

ホモロゲーションモデル
で、エンジンや空力パーツなど

レギュレーションで交換が禁止されてる部分に

レースでの使用を前提としたスペシャルパーツを

標準装備して販売
された車だそうですよ

340cu.in.(5.6リッター)6バレルエンジン

ビッグバルブやハイカムの使用を前提とした

シリンダーヘッドやシリンダーブロックなどを

標準装備
して290馬力を発生させてるそうです

サイドを前後に走るストロボストライプが

カッコいいですよね


ラリーホイール

モパーマッスルには欠かせないですよね

AARとは「All American Racers」の略で

F1とかで有名なドライバーである

ダン・ガーニーのレーシングチームだそうですよ

リアビュー

このヒップラインにやられちゃって

オーナーになる人もいるそうですね


ボンネットしまってる状態で一枚撮影したかったなぁ

どこから見ても「新車かよ」と言いたくなるほど

キレイに仕上げられてましたよ


ホモロゲを取得するためのモデルなので

生産台数はたったの2,500台ちょっとという

特殊な素性を考えれば、この車を所有すると

いいコンディションで維持しないといけない

という責任が発生するのかもしれませんね(^^;)


そういう覚悟のいる車ということでしょうか

滅多にお目にかかれない激レアなクーダを見れて

ものすごくハッピーでしたよ

来た甲斐がありました


前回書いたストリートカーナショナルズ鈴鹿の記事はコチラ
関連記事は↓のタグをクリックしてください

August 10, 2013

ドリフト動画

YouTubeで見つけたドリフト動画です

Drifting Motorbike - Mekatrix - Hot Pursuit ! [GoPro Onboard]

カッコいいです

missilemachine at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

ミサイルマシン

記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。