April 29, 2017

働くクルマ

先日静岡県エコパスタジアムで開催された

ナカヨシ ホットオールズミーティング2017

会場で見つけた旧車を紹介します

ホンダ・T360

ホンダ初の四輪自動車であり

かつ国産初のDOHCエンジン搭載車という

1960年代としては考えられない高スペックです

愛嬌のある顔付きがいいですよね

この複雑なマフラーが見えますか?

これ車外品じゃなくて純正でこの形状なんですよ

元々二輪事業で名を馳せていたホンダ

自動車事業に進出
することを決めて

2シーターのオープンカーで華々しくデビューを

飾ろうとS360を開発
してたそうですけど

通産省からの通達により自動車事業参入のために

ホンダは早急に市販車の販売実績が必要になり

S360は開発が間に合わないと判断して

このT360を開発、販売したという

少々複雑な経緯があったそうです


というわけで軽自動車が20馬力程度だった時代

スポーツカーに搭載することを想定して開発した

30馬力/8,500rpmのツインカムエンジンという

軽トラックとしては考えられないほどの

高回転、高出力型エンジンを搭載
してる

モンスターが誕生したそうです

現代で例えたらS660のエンジンを搭載した

アクティって感じでしょうかね


1963 HONDA T360

ホンダ T360 現役の旧車レーサー

ケーヒンのキャブレター4連装が奏でる

エンジン音はとても軽トラックとは思えませんね


キレイにレストアされてましたよ

ホンダ・TN-

T360から2代後のモデル

キャブ調整がフェラーリよりも厄介

言われてるのを聞いたT360から比べると

かなり実用的で常識的なスペック
ですけど

愛嬌のある顔付きは相変わらずですね

ホンダ・TNアクティ

ホンダ・アクティ

会場内でホンダの軽トラックの歴史を

垣間見ることができました


日産プリンス・ホーマー

ダットサン・キャブスター1500

日産・バネット

車体が傾いたこの車を遠巻きから見つけた時は

重量物が片側に偏ってるか

パンクでもしてるのかと思ってましたが

荷台は空で、パンクもしてませんでした


まさかと思って下回りを覗いたら・・・

エアバッグが見えました

なんとこのトラック、エアサスを装着してましたよ


こんな何の変哲もないトラックに

エアサスまで装着しておきながら

他は一切カスタムしてないという点に

かなり強い拘りを感じました


エアサスから始めただけかもしれませんけど

強烈な印象を残すクルマでした

働くクルマで旧車ライフを楽しむとは

よほどの通人か、人と同じことはしたくないという

変わり者のどっちかでしょうね(^^;)

これは褒め言葉です悪しからず

前回書いたNHOMの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旧車 

April 28, 2017

ホンダ・S2000

Wekfest Japan 2016の画像を

連日出血大サービスで紹介しています

ホンダ・S2000

S2000もスタンス業界では鉄板中の鉄板です

最近少し露出が減ったような気もしますけど

それでもこのカッコよさは不変ですよね

これがS2000の魅力です

グラムライツ57アクセレイトホイール

すごくカッコいいデザインですけど

廃盤になってて調べるの苦労しましたよ


うちのブログでかなり昔に紹介してなければ

多分名前はわからなかったと思います

アウトリップ

ボディカラーも鮮やかですごく目立ちます

すごくカッコいいシャコタンS2000でした

ホンダ・S2000

M&Mホンダハイパーワイドボディキット

装着した迫力満点のS2000のいましたよ


張り出し方がハンパないですよね

フロントで片側80mm

リアは片側100mmもワイド化されるそうです

SSRプロフェッサーTF1ホイール?

ツライチ

4連スロットル

リアビュー

物凄い存在感です

リアタイヤ

ダッジ・SUPER BEE(スーパービー)

エンブレムが貼られてましたよ


これは目立ちますよ

Wekfest Japanの会場内でも

かなり目立ってましたけど


去年ハウステンボスで開催された

Stance Nation Japan Huis Ten Bosch 2016

会場にも展示されていたのをよく憶えてます


とても記憶に残るS2000でした

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ




missilemachine at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Stance スタンス 

April 27, 2017

ホンダ・シビック

YouTubeで見つけたシビック動画です

Osaka's Dare Devils Car meet

近場だったらこういうミーティングに

行ってみたいですよね


余談ですけど、最近ガチでシビック タイプR(EK9)

もう一度乗りたいと考えるようになっちゃいました


以前シビックを買ったショップに

走行10万kmの無事故車をベースに

エンジン、ミッションその他フルOHで

ボディ補強して防錆塗料吹いて

ほぼ新車のシビック180万円
というのがあって

もし乗るならVMAXは売らないといけないけど

それでも乗りたいと本気で悩んでます



missilemachine at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Stance スタンス | シビック

April 26, 2017

VW・ゴルフGTI

もうなりふり構っていられないので

Wekfest Japan 2016

画像を連日大盤振る舞いです

VW・ゴルフGTI

初代ゴルフはスタンスに限らず

根強い人気がありますよね


関西方面で特に人気なのか大阪オートメッセ

毎年展示されてるのが印象的でした

それにしても「ホットハッチ=ゴルフGTI」っていうくらい

GTIというフレーズには特別な魅力を感じます


アウトバーン
  追い越し車線を走れる唯一の小型車」


とも言われて80年代のヨーロッパで

ホットハッチブームの火付け役となったそうです

ツラウチ

今となってはカクカクしたデザインが

斬新な印象でカッコいいですよね


隣りにもう1台初代ゴルフGTIがいました

シャコタンによく似合うチンスポと

BBSのエアロホイールがかなり目立ちます

独特の存在感がありますよ

2台ともカッコいいシャコタンゴルフでした

フォルクスワーゲン・ゴルフ僑韮圍

2代目も会場に並んでましたよ

シャコタン

オーバーフェンダーと深リムの

BBSホイールが迫力満点です


ハッチバック好きとしては

ゴルフGTIというクルマは

シビック タイプRに乗っていた頃も

憧れがありましたよ


とても存在感があるゴルフでした

会場には新しめのゴルフもいたので

近々紹介できたらいいんですけどね(^^;)

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ




missilemachine at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Stance スタンス 

April 25, 2017

スバル・インプレッサ

Wekfest Japan 2016の会場で

見つけたスタンス車両です

スバル・インプレッサWRX(GDB)

GC8からモデルチェンジして

丸目になったインプレッサは

結構不人気でしたけど

今見るとなかなかカッコいいですよね

右側面

シャコタン

ワーク マイスター?

アウトリップ

張り出したオーバーフェンダーが

かなりの迫力ですよね

ツヤ消しボディと相まって

ただ者じゃない雰囲気がプンプンします

とても目を引くカッコいいシャコタンインプレッサでした

スバル・インプレッサSTi(GRB)

Ii.force FD-50Sホイール

純日本製3ピース鍛造ホイールだそうで

初めて見ましたけどカッコいいデザインです

こういうのをよく見つけてくるものだと

感心しちゃいますよね

ツライチ

リアビュー

やはりインプレッサのシャコタンは鉄板ですよ

カッコいいシャコタンインプレッサでした

5月3日はWekfest Japan 2017ですよ

前回書いたウィークフェストジャパンの記事はコチラ




missilemachine at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Stance スタンス 

April 24, 2017

オンボード映像

YouTubeで見つけたラリー動画です

The best rally onboards moments - Part 1

オンボード映像は迫力があって面白いですね





missilemachine at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)YouTube(ラリー系) 

April 23, 2017

ジョインツ2017

今年もJoints Custom Bike Show 2017

開催されたので行ってきましたよ

ジョインツ カスタムバイクショー2017

軽く汗ばむほどの陽気や快晴も手伝ってか

会場はかなりの台数が集結してました

さすがは国内最大のカスタムバイクショー

何百台いたか見当もつきません

でも8割ハーレーだったと思います


フラットヘッドエンジン

ナックルヘッドエンジン

パンヘッドエンジン

ショベルヘッドエンジン

歴代のエンジンを搭載したお宝物の

ハーレーが当然のようにいるので

その価値を忘れがちになっちゃいます


最近のモデルは煌びやかで

会場に展示すればいいのにと思うほど

ド派手なカスタムが施されてて

かなり来場者の目を引いてましたよ


会場に展示されてるハーレー

ハンパじゃないカスタムのチョッパーや


バガースタイルもたくさんいました

このハーレーはなんと32インチ

フロントタイヤを装着してました


ヤマハ・SR

駐車場ではSRパニックvol.3も開催されてて

個性的なSRがたくさんいましたよ


会場内のSRは街中で乗るのが

もったいないほど見事な仕上がりのが多くて

どちらも甲乙付け難い魅力がありました


トライアンフ

カワサキ・エストレア

ロイヤルエンフィールド

ヤマハ・XS650

ハーレーSRの二大勢力に押されつつも

個性的なカスタムバイクが集結してました


ただ残念なのは会場内に展示されてるのは

ホントハーレーSRばかりなので、もうちょっと

多様性があってもいいと思いましたよ


それでも芸術品とも呼べる作品も多く見れたし

エロいお姉さんにも出会えてサイコーでした

これからいろいろ紹介していくと思います

前回書いたJointsの記事はコチラ

以前書いた記事(ランダム)はコチラ


missilemachine at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バイク 
livedoor プロフィール
記事検索




ホンダ名車図鑑
ホンダ模試検定
日産ヘリテイジコレクション
JavaScriptを有効にしてください。